種類による違い|ルールを守りながらセクキャバで女の子へのお触りを楽しもう

ルールを守りながらセクキャバで女の子へのお触りを楽しもう

種類による違い

ハットを手に持っている女性

キャバクラとセクキャバの違いは、何度も言うように触れるか触れないかです。
キャバクラはあくまでも会話とお酒を楽しむ空間であり、女の子へのお触りは厳禁です。
しかし、セクキャバの場合はお触りをメインとしたサービス内容になっており、お酒や会話は二の次となっています。

キャバクラとセクキャバの違いはわかりやすいのですが、知らない人が考え込んでしまうのがセクキャバといちゃキャバの違いでしょう。
キャバクラ、セクキャバの他にもいちゃキャバと呼ばれるキャバクラがあります。
これはセクキャバに近いキャバクラで、お酒や会話よりもお触りを楽しめます。
大雑把に見ればどちらも同じに見えますが、触れる範囲に特徴があります。
いちゃキャバは服の上からの胸揉みを基本としており、それ以上のことはしていません。
セクキャバに多いキスなどもしていないことが多く、本当に嗜む程度で楽しみたい男性が通う場所となっています。
少し女の子の感触を楽しみながら、お酒と会話もしっかり楽しみたい男性にはオススメです。

それなりにお触りできることを想定していちゃキャバに行った男性が、不完全燃焼で終わってしまうということも珍しくありません。
風俗ほどの料金を支払うことはほとんどありませんが、それでも利用するからには不完全燃焼で終わりたくないですよね。
そのためにも、利用するセクキャバが自身の目的に合っているかどうかはきちんと確認しておきましょう。